1. HOME
  2. 記事
  3. 『一皿への物語』
  4. cucina NORD IBARAKI(クチーナ ノルド いばらき)

cucina NORD IBARAKI(クチーナ ノルド いばらき)

常陸多賀駅から徒歩12 分という住宅街に位置する、クチーナ ノルド いばらき。地産地消などの活動を行ってきた地元の有志たちが、東日本大震災後に元気がなくなっている街を魅力のあるものにしたいと、「食で地域に貢献しよう」と会社を設立。2017 年5 月に開業しました。

シェフの佐藤協壱さんは日立市出身。レストラン「ファランドール」、ホテル日航などに勤め、その後イタリアへ。帰国後は東京表参道HATAKEAOYAMA 神保シェフのもとで研鑽を積み、2017 年5 月、料理長として就任しました。

「茨城のお野菜は味が濃い。土などにもかなりこだわっているから。だから、知らない人間には売ってくれない」。佐藤さんは直接産地を訪ね、味わい、メニューを考案しています。

「旬の茨城の食材をもっと知ってもらいたい」、「人間にとって体に良いものを提供したい」「化学的な調味料は使用せず、無農薬野菜をふんだんに使い、made in IBARAKI をイタリア料理にして世界に発信する店でありたい」。愛と志と何より素材や自然に対する想い溢れたお店です。

「食材の作り手である生産者さん全ての人たちの手間ひまや努力、豊かな自然や受け継がれてきた歴史、文化などに尊敬と感謝を忘れることなく、旬の食材を料理として表現し、スタッフのサービスを含めて、ノルドという空間で『美味しい』を味わって頂ける料理を提供することが大切と考えています」。

四季の花植物溢れる美しいガーデンと共にセンスある地域活性を担うお店として地元の方に親しまれています。

日立市末広町2-1-32 TEL:0294-32-0369
社長/渡邊 正昌 シェフ/佐藤 協壱
http://www.nord-ibaraki.jp/

関連記事