1. HOME
  2. 記事
  3. 『一皿への物語』
  4. 食彩 太信

食彩 太信

「地元の魚をどのようにしてお客さまに届けるか、どうしたら美味しい魚の仕入れができるかなど、日々、漁師さんや漁協の皆さんに話を聞き、メニュー開発や今まで知らなかった知識を教えてもらってます」。そう語るのは「太信」店主、前田賢一さん。

中野サンプラザ・和食亭や結婚式場などで3 年ほど、その後、水戸の「つきじ植むら」で3 年、越谷の和食亭、虎ノ門を経て地元へ帰ってきました。

ずっと和食1本でやってきた前田さん。今まで料理に携わってきて、最高だった瞬間は「市役所で天皇陛下にお弁当出を献上させていただいた時」。

「震災後のご視察で、その後両陛下が三陸の方に行かれたんです。常にニュースをチェックして『あっ、お元気そうだ、良かった』と思って。直接お口に入るものを作っているので、万が一体調が悪くなられるようなことがあったらと考えると…それが一番プレッシャーで」。まさに心遣いの太信さん。

「この地域は農業も盛んなので、魚と野菜・肉を取り入れた献立やコースの料理を考えていきたいと思います。これまで、大津漁港の鮮魚買い付けの権利等も同級生や先輩や後輩によって、たくさん恩恵を受けたので、それを活かしてより北茨城の良さを伝えられればと思っております」。

地元の大津港で水揚げされた地魚を中心に、海鮮料理を提供している太信。前田さん自ら目利きをし、調理して提供しています。料理人であると同時に、魚の目利きとしても、「ご提供した料理以外での美味しい食べ方など、話をしてお客さまに喜んでもらえるように日々努力をしていきたい」。これからも地元北茨城を引っ張っていく、若き店主です。

北茨城市大津町北町2-5-18 TEL:0293-46-5511
店主/前田 賢一
https://www.daisin.info/

関連記事