1. HOME
  2. 記事
  3. 知る
  4. メヒカリ

メヒカリ

寒さ厳しい1月から2月に旬を迎える常磐沖の地魚。
目が大きく、青く光っているように見えることからメヒカリという名前が付きました。
県北地域ではスーパーでもよくみかけるほど日常的に出回っている地魚ですが、全国的にはまだまだ珍しい魚です。
でも、ひと口食べればその美味しさは格別。薄い皮はとても柔らかく、ふっくらとした身をより感じることができます。

北茨城で水揚げされるメヒカリは特に脂の乗りが良く、唐揚げや天ぷらで食べるのがオススメです。淡白な白身の中にしっかりと感じる旨味が、口の中に一瞬でひろがり、柔らかい身とともに程よい余韻を残しながら消えていきます。
繊細さの極みという表現がぴったりの地魚です。

関連記事