「常磐もの」と称される数々の魚たち。冬のあんこうはもちろん、寒平目や柳カレイなど・・・。
数多くの近海魚が水揚げされる漁港として名高いのが日立市南端に位置する久慈漁港です。
そんな久慈漁港で水揚げされた魚が美味しい理由は大きくふたつ。
長年、久慈浜で水揚げされる魚を取り扱うあかつ水産の菅谷さんはこう話します。

「日立沖は暖流と寒流がちょうど交差する潮目の場所。餌に恵まれた漁場なんです。そしてなにより久慈漁港や河原子港に所属する船は日戻りの船がほとんど。海上に長期停泊せず、獲れた魚をその日のうちに水揚げして、その日のうちに競りにかける。だから、圧倒的に鮮度で勝る。だから久慈浜の魚は美味しいんだよね!」と。

あかつ水産へのリンクはこちら http://www.akatsu-suisann.shop/