1. HOME
  2. 記事
  3. 知る
  4. 糧飯(かてめし)の歴史

糧飯(かてめし)の歴史

昔、米はとても貴重なもの。
米に麦やヒエといった穀物や大根などの野菜を混ぜ、米の量を抑えて量を増していました。

貧しさの中から生まれた糧飯ですが、ハレの日に食べる糧飯もありました。そのひとつが里芋の糧飯(かてめし)です。里芋の滋味深い味わいに加え、腹持ちもよく、みなに喜ばれました。
また、サンマの獲れる季節になればサンマを一緒に炊き込んだサンマ飯が食卓に並び、季節を感じることができたといいます。

貧しさの中から生まれたはずの糧飯は、ごはんの中に四季を取り込む豊かな食文化のひとつといえるかもしれません。

関連記事