1. HOME
  2. 記事
  3. 『一皿への物語』
  4. フレンチレストラン 雪村庵

フレンチレストラン 雪村庵

室町時代の画家・雪村(せっそん)生誕の地といわれる常陸大宮市村田にたたずむ、「雪村庵」。その風景と本格的な創作フランス料理のマッチングが秀逸そのもの。

オーナーシェフの藤良樹(ふじ・よしき)さん。2014 年9 月1日からオープンをし、現在7 年目になります。約1 年間のスペイン・サン・セバスティアンでの修行を終え、帰国したのは2020 年の2月のことでした。

「優しく熱くそして丁寧に仕事したいからディナーだけ、一日三組にしたし、本当にいいものを提供したい」。良樹さんの言葉の裏にはロマンと情熱がほとばしります。

スペインへ渡り、数々の星付きレストラン店で経験を積み、食文化に触れたことで、それまでのご自身の考え方が大きく変わったそうです。

「私達の夢を、形にして頂ける陶芸家さんやお野菜を育てる農家さん、最高の魚を揃える漁師さんや仲買さん、健康的な肉を育でて頂ける牛飼いや羊飼い、鳥飼いさん達…。数え上げればキリがないのですが、だからこそ、私達レストランの役割は、その素材達のアンカーでなければいけないという最高の義務がある」。

海外に渡り新たな自分に磨きをかけたその眼差しは、ラストサムライを醸し、未来を見据えています。そして良樹さんと共に、常にお客さまに寄り添い、訪れた人を心地よくさせるおもてなしを担当する、雪村庵「マダム」こと由香さん。

そんなお二人が作り出す物語溢れる食空間・食体験の雪村庵。

訪問すべき、茨城を代表するガストロノミーです。

常陸大宮市下村田150-1 TEL:0295-53-0330
店主/藤 良樹
https://sessonan.jp

関連記事